« 2010年2月9日 | トップページ | 2010年2月11日 »

2010年2月10日

2010年2月10日 (水)

「すばらしい同士」

今日の大阪は暖かくなりましたが、雨ですrain

  sunここをクリックsunお願いします

私が米国の資格試験「CPM」を取得していることは、大勢の方がご存知ですが、この資格は1933年代に米国で「IREM」という組織が創生しました。

折しも世界大恐慌時代でした。

この頃、不動産業界のコンプライアンスやフロソフィーが崩壊してしまうことで、資産を充分に守れる機能が無くなってしまう。

何とかしなければいけないと。

「IREM」が行なったことが・・・・

何と70年以上前から、戦略的に不動産=資産形成のあり方を、金融工学を用いて行なうことに気が付いていたのです。

第二次世界大戦後に、この教育システムは日本人に伝えることをGHQは行なわなかった。

米国では・・・

金融工学はハイスクールのレベルで教育している。

勤勉な日本人に、金融工学を教えることで、最強の国家になる恐怖からでしょうか。

2000年「金持ち父さん、貧乏父さん」ロバート・キヨサキ著書が、ベストセラーになりました。

「倉橋(CPM社長)」がこのとき気が付いたのが、金融工学です。

倉橋社長が、6人の同士とハワイまで行き「CPM」の資格を取得してきました。

これが、「IREM JAPANの創生になったのです。

それから約10年、正に世界中が金融恐慌に陥っています。

日本の不動産業界にも侵食されている。

今、抜本的に不動産業界の改革が必要とされる時です。

CPMの同士である「猪俣(CFネッツ)」さんと、日本の商習慣や法律に落とし込んだ、新しい道を模索しています。

これが出来上がれば、新しい不動産業界の改革の一助になること信じて。

楽しみにして下さい。

   sunここをクリックsunお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月9日 | トップページ | 2010年2月11日 »