« 「円高続くのか?」 | トップページ | 「11月も終りです」 »

2009年11月28日 (土)

「あのドバイが」

今日もいい天気でしたsun

  sunここをクリックsunお願いします

円高になると日本の株価が下がります。

海外投資家は、$1万ドルで100万円分の株が、$1万ドルで86万円しか買えなくなり、逆に日本の株を売れば86万円で$1万ドル買い戻せる。

さて今回の円高は、ドバイの政府系不動産開発会社が25日に債務の支払い猶予を申し入れたことから、欧州系金融機関(リスク最大$400億)の不安からユーローを売りし、円買いとなったと一部報道されています。

Photo

グローバル化した世界経済を混乱させます。

日本政府は円高については「のんびり」している感じです。

円高要因に日本経済の信頼度はあまりないはずですが、ドルが弱っているので円高になっただけ・・・?

鳩山政権では前年度並みの新規国債発行は34兆円で抑えるらしいが、その国債の買い先は政府日銀で、低金利の国債は海外投資家には何の魅力もない。

もし34兆円を超える国債発行となれば、「円」に信用収縮がはじまり、円売りとなり今度は円安の可能性さえある。

経済不況にデフレ、そして円高から円安?

日本経済は深刻な内臓疾患を患っている状況、部分的な治療に時間をかけていたら、手遅れになるのでは?

   sunここをクリックsunお願いします

|

« 「円高続くのか?」 | トップページ | 「11月も終りです」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/46880740

この記事へのトラックバック一覧です: 「あのドバイが」:

« 「円高続くのか?」 | トップページ | 「11月も終りです」 »