« 「天満橋から・・・」 | トップページ | 「携帯電話」 »

2009年9月29日 (火)

「国家予算白紙」

今日も曇っていますcloud

  sunここをクリックsunお願いします

「予算白紙で見直し」今日の日経新聞見出し。

政権交代で明治維新宛らの改革。

あまりにもかっこ良過ぎる。

マニフェストをまっしぐら突き進む民主。

本当に総てできれば、平成維新ですが、先ず子供手当は何時から支給されるのか。

国家予算には必ず予算枠があるが、やはり国債発行でしょうか?

一般家庭では、教育費用を捻出するために、お母さんは家計簿とにらめっこしながら、結局食費や、お父さんのお小遣いを削って行く。

旨くやりくり上手なお母さんは、学費保険なるものを以前から掛けて蓄えておく。

先日行ったラオスの貧しい片田舎でさえ、水牛を放牧して牧畜している。

正に貯蓄である。

貯蓄がなければ必要な分借りてこなければやりくりできない。

但し、借りたものは必ず返済しなければいけない。

今、見た目だけの国家予算を組み、将来の次世代にその借金の返済を負わせる政治にしてもらいたくない。

民主党の100日の試金石は年末までです。

結局国民に負担がかかる国家予算でないようにして貰いたいものです。

  sunここをクリックsunお願いします

|

« 「天満橋から・・・」 | トップページ | 「携帯電話」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/46343862

この記事へのトラックバック一覧です: 「国家予算白紙」:

« 「天満橋から・・・」 | トップページ | 「携帯電話」 »