« 「昭和と駈け抜けた人生」2 | トップページ | 「お悔やみありがとうございます」 »

2009年6月 7日 (日)

「父逝く」

昨夜私の父が他界しました。

脳溢血から8年、糖尿病との合併症があり、1年前からは人工透析を受けていました。

2週間前から食欲が無くなり、血圧が下がり、透析も出来なくなっていました。

入退院を繰り返した8年間で、2年前には看病疲れか、母が膵臓癌で他界しています。

生前父には、母の死を告げていませんでしたので、「何で見舞いにけえへんねん」と言う言葉に、家族は困ったものでした。

昨夜、私の自宅に連れて帰り、母の遺骨と対面できました。

やっと家に帰ることができました。

子ぼんのうな父でした。

私が子供の頃に、給料が2万円の時代に、1万円のトランシバーを買ってきて人です。

母も苦労したんでしょう。

でも、その気持ちは私から後生に繋がっています。

学校もろくに出ていない父が、私がもの心付く時分には、洋食のマナー(ナイフ、フォークの使い方)まで教えてくれたハイカラな父でした。

小学生のころ、よく魚釣りにも連れて行ってくれました。

そのころの経験が今も私の人生では、役立っています。

キザでダンディーな父でした。

親父本当にありがとう。

やっとゆっくり眠ることができますね。

ご苦労様でした。

私の中の大きな昭和が、一つなくなりました。

   ここをクリック お願いします。

|

« 「昭和と駈け抜けた人生」2 | トップページ | 「お悔やみありがとうございます」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログコメントからで大変失礼致します。
この度は誠にご愁傷さまでございました。ご冥福をお祈りいたします。
服島 秀信

投稿: 服島 秀信 | 2009年6月 7日 (日) 15時38分

お気遣いありがとうございます。

投稿: 坂上 | 2009年6月 7日 (日) 23時37分

坂上さんのお父さんとはお会いした事が
ありませんが、日記を読んで思ったのは
今の阪上さんにきっと似た素敵な人だった
のだろうということです。

お父さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: 松尾 | 2009年6月 8日 (月) 00時56分

ご冥福をお祈りします。葬儀には、セミナー講師をしており、キャンセルできず参列できず、申し訳ありません。

投稿: 倉橋隆行 | 2009年6月 8日 (月) 09時30分

謹んでお悔やみ申し上げます。

坂上さんにとっては、お母様に続きお父様・・・・この数年間は
精神的にも体力的にも本当にお辛い時期だったと存じます。

でもお父様はやっと大好きだったお母様に会えるんですね。
お二人が坂上さんを温かく見守って下さると思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 松本充代 | 2009年6月 8日 (月) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/45262647

この記事へのトラックバック一覧です: 「父逝く」:

« 「昭和と駈け抜けた人生」2 | トップページ | 「お悔やみありがとうございます」 »