« 2009年6月1日 | トップページ | 2009年6月3日 »

2009年6月2日

2009年6月 2日 (火)

「浅見帆帆子」あなたは絶対!運が良い

今日は暑くなりそうです。sun

  sunここをクリックsunお願いします

精神的に疲れた時に読む本があります。

浅見帆帆子」さん著書です。

Mainvisual

何年か前に、船井コンサルタンツの「平林良仁社長」に紹介されて読み出したのが切っ掛けです。

あなたは絶対!運が良い」を初めて読みました。

彼女が30代前半に書いた著書ですが、世の中の人と人の繋がりや、人間関係の哲学を分かり易く書かれていて且つ、人生感を説いているのです。

「魂年齢」を感じます。

宗教的な表現になってしまいますが、何回か輪廻(生まれ変わる)を重ねる内に魂の年齢を重ねることが、魂年齢です。

でないと、こんな本は書けない。

とは言っても前世を覚えている訳ではない。

皆さんも経験したことないですか?

「デジャブこの場面、夢で見たことがあるとか。

人と話していて、若いのに妙に説得力があったり、常識人だったりすることで、人として魅力を感じる人。

この人と出会えて良かったと思える人。

一方、高年齢なのに、常識がなかったり、説得力がなかったり、優柔不断で嘘をつく人。

この人とは一生付き合いたくない人。

説明は付かないけど、そんなこと感じたことありませんか?

携帯電話は無線ですが、何処に居ても電波が届けば会話ができますよね、でも当たり前に使っている携帯電話の電波の説明できますか?

人はやがて死んで宇宙へ戻る、そしてまた人間として生まれ変わる。

説明は付かないけどあってもおかしくないですよね?

最近出版された「宇宙につながると、夢がかなう」はまだ読んでいませんが、「言霊」(ことだま)についても書かれているいるようです。

別に本稿で、著者の宣伝をする気はありませんが、「negathive」になりがちな現代社会、暴力とsexが蔓延る世間から、軌道修正するには「positive」な「浅見帆帆子さん」の本が良い。

   sunここをクリックsunお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月1日 | トップページ | 2009年6月3日 »