« 「大げさなマスコミ」フェーズ5 | トップページ | 「久しぶりの休日です」 »

2009年5月 2日 (土)

「相互扶助の精神」

「GW」今日からの方には、最高のお天気ですね。sun

箕面市は晴天です。

rvcarレジャーを満喫して、旅行と大型連休を満喫して下さいbullettrain

行楽、旅先、でも「クチュクチュ、ぺーhappy02」「ゴロゴロ、ペーhappy02」を忘れないように!

  sunここをクリックsun お願いします

今日は、朝から個別相談です。

共有名義の土地をどのように有効利用するか?のご相談で、既に何回も方向性を出している案件です。

共有者が、ご年配の方が多いので、結局意見を総合判断すると、売買に踏み切る結果になってしまいます。

土地有効活用をして事業をした場合のリスクと、これから先の相続を考慮すると、選択肢は売買にたどり着きます。

仕方ない選択肢ではなく、これも有効利用の選択の一つです。

今世界中に破産の危機が吹き荒れています。

こんなときですから、現金を持って置くのも、有効な手段です。

破産といえば、「クライスラー法的整理」の記事が朝刊記事にありましたが、既に昨年から分かっていたことです。

オバマ政権の「100日試金石」中には出来なかったことを、今「しゅくしゅく」と進めているだけです。

通常の大統領であれば、政権時には2~3の問題を抱えているものですが、オバマ政権では7~8の問題が山積されています。

通常の試金石に加え、更に100日は余分に必要なようです。

一方国内に目を向けると、6大銀行が1.7兆円の不良債権の処理損失に膨らんでいます。

これも、昨年から本稿で想定していたことです。

「破産、倒産」のビッグ・ウエーブが世界を駆け巡っています。

「対岸の火事」ではありません。

国民のGDPに対にも、多大な影響があります。

私たちの住宅関連や建築関連業界への波紋は大きく、一つの会社が破産すると、その関連会社が連鎖的に破産に追い込まれます。

昨日まで二回に渡って「新型インフルエンザ」の投稿をしましたが、体調が悪いときに自己申告しておかないと、家族や身近な周りの人に感染してしまうのです。

会社経営が悪化している場合は、信頼できるコンサル相談すべきです。

中小、零細企業の小規模企業には政府は金融支援措置などしてくれません。

こんな時期こそ相互扶助の精神で、自己の利益を追求するだけではなく、如何にこの難局を互い乗り越えて行くことができるかが問われます。

変革の時代は相互扶助です。

右肩上がりの高度成長期は神話となっています。

頑張る気持ちだけでもこの難局は乗り切れません。

学ぶことが大切な時代です。

学ぶことで、最良の選択肢が発見できるはずです。

知らないということは罪です。

学び知ることこそが、選択肢を最良に導く判断力をつけるのです。

  sunここをクリックsun お願いします

5月23日:「不況に勝つ!勝ち組投資術!講師:坂上敏也

|

« 「大げさなマスコミ」フェーズ5 | トップページ | 「久しぶりの休日です」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/44869232

この記事へのトラックバック一覧です: 「相互扶助の精神」:

« 「大げさなマスコミ」フェーズ5 | トップページ | 「久しぶりの休日です」 »