« 「GW最終日・責任感」 | トップページ | 「棟上式」 »

2009年5月 7日 (木)

「株・不動産」投資はどちら

今日の箕面市は雨です。rain

GWが終わって疲れは残っていませんか?

   sunここをクリックsunお願いします

GW明け、株価が1月7日以来の最高値を更新しました。

米国大手銀行のストレステストへの楽観的見方が強まり、海外の投資家から金融株や輸出株に買いが入っています。

買いが買いを呼び、株価が上がる。

一見経済の回復のように思いますが、次は売りが売りを呼ぶことがあります。

最近これ以上下がらないだろうと思う気持ちからでしょうか?初心者の株への投資家が増えています。

逆に株に投資していた方が最近不動産投資へという方が増えています。

これ以上下がらないだろうと思う気持ちからでしょうか?

何れも、初心者です。

株のことはよく分かりませんが、昔の資産運用のインカムゲイン狙いと違い、キャピタルゲイン狙いが、デイトレーダーを生んでいるようです。

それと同じように、不動産もキャピタル狙いで投資すると、失敗します。

株の場合パソコンで、瞬時に売買できますが、不動産はそうは行きません。

ただインカム狙いでの不動産投資は、入り口で購入方法を間違わない限り投資としては安定しています。

株は安いときに買って、高くなれば売る。

売ったときに利益を得ることができますが、不動産は入り口を間違わなければ、買ったら直ぐに利益を生みます。

不動産投資を経営として行えば、24時間何もしなくても月末には決まった利益を得ることができる投資です。

何もしなくてもと言うと、勘違いされるかも知れませんが、しっかりとした管理会社をパートナーにすれば、経費は掛かりますが、その分は安心です。

当然、入り口(購入時)で収入と返済、そして経費(維持費や固定資産税)をしっかりと把握して、収支バランスのとれた物件を買うことが大切です。

バブル崩壊後に不動産価格は下落し、安値感からバブル直後に不動産がよく売れました。

それから、10数年下落は続きました。

不動産投資では購入時期と、物件の市場性がある地域かどうかで、入り口の失敗を防ぐことが出来るのです。

少子高齢化の時代です、株も不動産投資も信頼できるプロに相談して、慎重に行って下さい。

   sunここをクリックsunお願いします

5月23日:「不況に勝つ!勝ち組投資術!講師:坂上敏也

|

« 「GW最終日・責任感」 | トップページ | 「棟上式」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/44930118

この記事へのトラックバック一覧です: 「株・不動産」投資はどちら:

« 「GW最終日・責任感」 | トップページ | 「棟上式」 »