« 2009年5月26日 | トップページ | 2009年5月28日 »

2009年5月27日

2009年5月27日 (水)

「V5内藤大助」よくやった!

今日もいいお天気です。sun

  sunここをクリックsun お願いします

昨日のWBC世界フライ級タイトルマッチ、ひやひやしながら興奮しました。

海外で試合していたら負けていましたね。

V5がどれほど大変か、内藤大介34歳という年齢はプロボクシングの世界では体力の限界です。

昔、学生時代に遊びのつもりで、ボクシングを始めたことがあります。

当時の新聞記事のスクラップが残っているはずですので、探してみます。

西成区の新日本大阪ジムで、アマのバンタム級で18歳のときでした。

アマは3ラウンドで勝敗を決めます。

遊びでできるスポーツではないことを実感しました。

縄跳びを3分跳び続けるだけでも大変です。

それを3分のインターバルで13回も殴り合うのですから、尋常な体力(精神力)ではむりです。

当然トレーニングも大切ですが、幾らトレーニングしたからと言って誰でもが世界ランキングには挑戦できません。

本当に「ハングリー」でないとできないスポーツです。

命がけのスポーツなんですね。

ファイトマネーも無名の時代には試合のチケットがファイトマネーですので、自分の試合のチケットを自分で売らないといけません。

今のファイトマネーのシステムは知りませんが、昔は世界戦のタイトルマッチのファイトマネーは$1万で、所属ジムが30%と必要経費を取ります。

3回防衛して、始めて大きなお金を手にすることができます。

3回目あたりから、スポンサーも付き、CM依頼もあるからです。

ただこの頃から、遊び癖が付き始めると、選手寿命が短くなりますし、古傷や脳障害が出てくることもあるのです。

「内藤大介」いじめられっ子から、世界チャンピオン5回防衛したんだらか、「よくやったと!!」褒めてやりたい。

もうこうへんで、引退してもええよ。

   sunここをクリックsun お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月26日 | トップページ | 2009年5月28日 »