« 「東京 ロイター」 | トップページ | 「G20」金融サミット »

2009年4月 2日 (木)

「入学・入社式」

今日の箕面市は晴れ、風がきついですね。suntyphoon

一週間ほど、朝夕の寒暖差が激しくなっています、風邪に気をつけて下さい。

  sunここをクリックsun応援お願いします

日本全国新年度を迎え、今年度の景況感が不透明なままのスタートです。

4月1日は各地で入学・入社式が始っています。

昨日の「御堂筋線」は入学案内の袋を持った各種学校生徒と、リクルート・スーツ姿の新入社員が多く見られました。

入学・入社式それぞれが、夢や希望を持って新たなスタート切る4月は、何だか活気が伝わってきます。

夕方の梅田駅では定期券売場は、長蛇の列でしたが、定期券は事前にインターネットで購入できないのでしょうか?

人口集中で経済効果が上がっている東京から見れば、「大阪は元気ない」と言われるのですでが、けしてそうではない。

もともと大阪は「商人の街」で、活気に満ち溢れています。

商人は儲かっても、そうでなくても「ぼちぼちでんなぁ」が挨拶言葉。

ぼちぼちと言っても、努力せずに商いをだらだらしているのと違います。

この「ぼちぼち」の言葉には「商いは牛のよだれ」と言う意識が強いのです。

牛のよだれが、細く長く流れることから、商いは気長く辛抱することが大事であると言うことなんです。

大阪商人はあれこれ試行錯誤しながら、現在までやってきました。

言葉はぼちぼちと言っていますが、日本一「せっかち」で、信号機のフライングは他の都道府県には負けませんし、歩く速度も早い。

喋る言葉も早いらしい。

「商人の街、大阪」をもっと活気ある大阪にするには、厳しい時代を辛抱強く立ち向かって行くことが大事です。

新入社員の、若い力で大阪を引っ張って行って下さい。

新入学生入学おめでとう!

新入社員就職おめでとう!

  sunここをクリックsun応援お願いします

|

« 「東京 ロイター」 | トップページ | 「G20」金融サミット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/44541060

この記事へのトラックバック一覧です: 「入学・入社式」:

« 「東京 ロイター」 | トップページ | 「G20」金融サミット »