« 「時差ボケです」 | トップページ | 「進展の兆し?」 »

2009年4月21日 (火)

「帰ってきました」

大阪へ帰って着ました。

今日の箕面市は雨です。rain

今朝はAM10:30~物件の引き渡しでした、医療ビルの完成です。

 sunここをクリックsunお願いします

ワシントンでの3日間は、睡魔との戦いで、勉強でした。

堺さんは、仕事の電話で追われながらの勉強です。

時差があるので、日本への商談は現地では夜中に何度も起きて、電話していました。

1日目は現地時間2:00ころ着で、ホワイトハウスを見学してから、中華でランチ、バイキング形式で計り売りで金額がきまります。結構美味しかった。

2日目は中華バイキングと寿司を買い込んで、ホテルを一歩も出ずに、勉強。

3日目はいよいよPM5:30から面接試験で、この日に試験内容のテーマが言い渡されました。

事前にメールで送ってきたらしいが、受けとっていなかった。

急遽2時間前に予習に入った。

米国の段取りが悪いのは何時ものこと。

とにかく部屋へ帰ってテーマの箇所をプレゼンテーション練習し、お互いの間違いの点のチェックをしあった。

いよいよ時間です。

私がトップバッターで、緊張の時間です。

先ずは3人の試験官から質問攻めに合います。

一通り事前勉強していた箇所が質問に出たので、答えることは出来たつもり。

次にプレゼンテーションで、テーマ自由になったので、テキストの「レッスン3」をプレゼンしました。

プレゼン中も質問攻めです。

プレゼン途中で打ち切られ、30分が終わってしまいました。

緊張の一瞬でした。

次は堺さんの番、会場を出てドアの隙間から見ていると、やはり質問攻めです。

009

プレゼンも終わり通訳の大野さんを出てきました。

すると会場から出るなり、大野さんが今回の面接試験今までと違って難しかったよね、って。

米国まで来て、「不合格」と二人の脳裏に一瞬走った。

会場の外で審査を待っていました。

早ければ今日結果が出るか、明日の朝。

取りあえず結果が出るまでは、「551の無いとき~」状態です。

しばらくすると、面接会場から審査先生方が出て行きました。

その後に事務局の女性が出てきて、「パスしました」と行ってくれた。

今回はテーマが事前に届いてなかったことを考慮し、合格になったらしい。

013

大野さん曰く、これからの面接は厳しくなりそうです。

とは言え「合格は合格」二人とも一安心。

ファカルティーに成るまでには、最初の登竜門で、これからが大変です。

8月には1週間泊まり込みのテストが待っています。

それが終われば、プレゼンの実演試験があります。

厳し~!!

試験が終わって二日間ろくなもの食って無かったので、ステーキを食いに行きました。

014

「Tボーン.ステーキ」500グラムはありました。

一人では食べきれませんでした。(やっぱり日本のステーキが一番)

夕食を終え、ホテルへ帰って爆睡しました。

翌日はAM8:00の会議に出るつもりでしたが、時間を間違えて出席できずに、そのまま空港へ向かいました。

ワシントンDCでANAのスターアライアンス・ラウンジでカップノードルに有り付けました。

024

021

満足です。

偶然帰りは前安倍首相と同じ飛行機でした。

090419_111101

原田代議士の補欠選挙以来の再会です。

安倍先生はワシントンでの講演の帰りらしい。

でも奇遇でした。

090419_111102

 とにかく、観光無い勉強だけの「珍道中でした」

    sunここをクリックsunお願いします

|

« 「時差ボケです」 | トップページ | 「進展の兆し?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145299/44741059

この記事へのトラックバック一覧です: 「帰ってきました」:

« 「時差ボケです」 | トップページ | 「進展の兆し?」 »