« 2009年3月20日 | トップページ | 2009年3月22日 »

2009年3月21日

2009年3月21日 (土)

「情熱」

今朝は、箕面の空は快晴です。sun

とは言っても、黄砂混じりの、視程(水平方向への見通し)はよくありません。

Vis_2

気象庁HPより

 sunここをクリックsun応援お願いします

今月は、作成しないといけない資料が多く、原稿に追われています。

総会の季節なので、宅建北摂支部、事業計画案、事業報告、箕面市不動産事業協同組合、等々・・・・

4月10日までに別の団体への論文の提出も迫っています。

元来、文書力が無いので、人の何倍もの時間を費やします。

事業計画、事業報告は、目標があって結果があることの証ですから、一字一句緊張して書いていますが、肩を張りすぎると、言葉を選び過ぎて、結果何を言っているのか、分からなくなる。

また、思いを伝えることの難しさを痛感します。

人前で喋るのは最近慣れてきましたが、文書だけを読み上げるのも苦手です。(麻生さんの悪口言えない)

何時もセミナーや講演で喋るとき意識していることが、一つあります。

17世紀フランスの詩人、ジャン・ド・ラ・フォンテーヌの名言に、こんな一節があります。

「情熱は人を承服させる唯一の雄弁家である。情熱のある朴訥(ぼくとつ)な人が、情熱のない雄弁な人よりもよく相手を承服させるのである。」

好きな名言です。

勤勉で努力が無ければ、情熱だけでは人生、生きていけないですが、根底にあるものはやはり「情熱」なんですね。

「キザ」に受け取られるのがいやで、あまりこの話しはしませんでしたが、こんな時代だからこそ、「情熱」が必要なんですね。

情熱と言えば、橋下知事、国交省に対して「情熱」むき出しでしたね!

    sunここをクリックsun応援お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月20日 | トップページ | 2009年3月22日 »