« 2009年2月19日 | トップページ | 2009年2月21日 »

2009年2月20日

2009年2月20日 (金)

「顧客満足度」

今朝の箕面市の空は、どんより鉛色で曇っています。

天気が悪いと、気分もナーバスになりがちですが、気を取り戻して今日も一日がんばります。

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

upクリックお願いします

先日個別相談で、空室の相談がありました。

弊社で買って頂いた、区分所有の中古マンションが空いたのです。

12月に空室になりリフォームも終わっていますので、部屋を見た限りでは問題はありませんが、地域性、マンションのコンデションを考えると、やはり賃料なんでしょうか、同じマンションでも部屋の間取りや大きさによって異なりますが、全体的に当該物件より安い設定をしています。

ただ幸いに、賃料を下げることができる「DCR」数値になっているので、賃料を下げて募集することにしました。

立地、間取り、賃料が顧客の満足度を表します。

誰もが好立地で、間取りが良くて、賃料の安いマンションを探しますが、現実には総てを満たすことはできません。

顧客がどの点に満足度の価値間を感じるかです。

立地、間取り、賃料うち妥協できる部分とそうでない度合いが顧客それぞれの満足度の違いです。

しかし、投資物件を購入する場合でも、賃貸する場合でも、利回りや利益率だけを計算しても、状況の変化や市場の変化が賃料に影響していることを、忘れてはいけません。

根底にあるのは顧客満足度である以上、満足できない賃料設定では誰も振り向きません。

逆に顧客満足度は数字では表現できないのです。

答えを出すには、いったいどうしたらいいねでしょう。

もし自分が月収20万円で、ここに住むとしたら、幾らの家賃なら払えるのか、勤務地までの通勤時間(利便性)は、間取りは十分なのか、設備、物入れは充分か、等々。

すると答えが見えてきます。

家賃を下げるが幾ら位が妥当なのか、足りない物入れを設置してあげるとか、具体的に出てくるのです。

今回は賃料を下げることを提案してしまいましたが、本当は設備等にお金を掛けてでも、現況の賃料を継続したかったのですが、この賃貸繁忙期を逃す訳には行かないのことである。

他方現在不動産価格が下落している一方、購買意欲も薄れてきている。

新築分譲マンションや新築戸建が売れていない。

適正価格が今や不適正価格になってしまっている。

当然デベも価格を下げないと売れない。

この様な市場背景では、デフレの負のスパイラルとなり、驚愕の価格競争となる。

と言うことで、弊社も「顧客満足度は価格にあり」と、他社より安い新築分譲を年内に販売予定している。

価格満足度だけではなく、コミニティーがあり住宅、安全な住居を提供することで、社会に貢献できる住宅創りを目指して、プロジェクトが始動しています。

乞うご期待!!

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

upクリックお願いします

PR///////////////////////////////////////////

3月15日

物件購入会

090315oosaka_kounyukai

PR///////////////////////////////////////////

3月28日

猪俣淳の不動産経営塾

090328_inomata_1day_osaka

PR///////////////////////////////////////////

2/22富山開催:参加ご希望の方は下記からお申込ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/20090222souzoku_toyama.html

PR///////////////////////////////////////////

4/12大阪デスク:物件買い付けツアー

詳細は近日発表します。

| | コメント (0)

« 2009年2月19日 | トップページ | 2009年2月21日 »