« 2009年2月12日 | トップページ | 2009年2月14日 »

2009年2月13日

2009年2月13日 (金)

「固定資産税が何百倍になるの?」

今日も暖かいですが、雲行きが良くないですね。

どうやら夕方から雨かもしれません。

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

upクリックお願いします

弊社の隣接で土地区画整理事業が行われていますが、この地域の固定資産税、都市計画税が決定するのが、本年3月31日だそうです。

そこで、現在の固定資産税・都市計画税を独自に仮に計算してみました。

以前の土地は市街化調整区域で、殆どが田・畑・山林でしたので、地域性で、ばらつきはありますが、下記の金額を基準に考えてみます。

(注意:従前地の位置関係は不明)

(注意:坪単価は固定資産税、都市計画税を含むものとします)

(注意:新坪単価は固定資産税、都市計画税を含むものとします。また換地後の位置が角地で、メイン道路22mに面しているものとします)

地目 坪単価  新単価   新単価への倍率

田    7円  6200円    887倍

田  275円  6200円    22.59倍

畑   17円  6200円    365倍

山林 7~8円 6200円    887倍

上記の坪単価はあるオーナーの従前地の固定資産税・都市計画税を参考にしました。

仮に田んぼを100坪持っていたとして、45%減歩されて、換地が55坪になったとしたら。

100坪×275円=27500円

上記の計算が今までの税金(=固・都)ですが、減歩されて換地される土地が55坪ですから。

55坪×6200円=341000円税金(=固・都)となります。

仮に100坪換地された方は、620000円となります。

(注意:この単価は区画整理総てに適応するものではありません)

例えで話しましたが、昨年10月に使用収益開始通知が送付されている地域の方は、今年からの課税となります。

また今年は固定資産税が見直しの年ですので、これより上がる可能性が高いのです。

これを聞くと、慌てて賃貸住宅を建設を建てようとする。

建設会社の営業トークには「賃貸住宅を建てると、固定資産税が1/6に都市計画税が1/3に軽減されます」と。

確かにその通りであるが、無計画に年間のキャッシュフローを考慮せず建築してしまうと失敗してしまう。

固定資産税・都市計画税の支払いは国民の義務ですが、軽減措置を使って旨く土地の有効利用をして下さい。

ご相談はご遠慮なくお受けします。(要予約)

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

upクリックお願いします

PR/////////////////////////////////////

      猪俣淳の不動産実践塾

       <1日講座決定>

      1日集中講座enter詳しくは

090328_inomata_1day_osaka クリックで拡大

PR/////////////////////////////////////

2/14札幌開催:参加ご希望の方は下記からお申込ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/20090214souzoku_sapporo.html

2/21大阪南開催:参加ご希望の方は下記からお申込ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/20090221souzoku_osakaminami.html

2/22富山開催:参加ご希望の方は下記からお申込ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/20090222souzoku_toyama.html

| | コメント (0)

« 2009年2月12日 | トップページ | 2009年2月14日 »