« 「里の家」松茸で満腹 | トップページ | 「忘年会シーズン突入」 »

2008年11月14日 (金)

「古民家再生」

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

先日行った「里の家」の建物に興味がある。

038

以前にも投稿したが「古民家再生」↓

http://urj.cocolog-nifty.com/boss/2008/09/post_8e4a.html

箕面市内から20分ほど北に行くと、幾つかの集落がある。

高齢化が進み、過疎化状態になっている集落もある。

集落に住む人々の仕事は農業であったが、やがて子供達は仕事を求めて都会へと出て行く。

やがて高齢化で農業も出来なくなると、子供達の居る都会へと引き取られて行く。

または病院暮らし。

そんな人の住まなくなった家が売りに出されるが、手入れにお金が掛かり、売れない。

近所の人も高齢化で買ってくれる人もいない。

そんな集落が幾つかある。

「里の家」は武家屋敷であったので、建物もしっかりとしていた。

ヨーロッパでは古民家ほど物件の価値がある。

歴史の浅いアメリカでも古い建物を大切にする。

日本の高度成長期の幾つかの場面で忘れてらきたものの一つである。

そんな思いで、古民家を探し続けている。

ここをクリックsun←ブログランキング参加中

お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空室対策セミナー1月18日新春記念セミナー

2月セミナーは「サブPから、世界への影響」身近に関わる影響について講演予定。

|

« 「里の家」松茸で満腹 | トップページ | 「忘年会シーズン突入」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「里の家」松茸で満腹 | トップページ | 「忘年会シーズン突入」 »