« 「オープン・ウオーターへの道2」 | トップページ | 「オープン・ウオーターへの道4」 »

2008年8月13日 (水)

「オープン・ウオーターへの道3」

<2日目午後>

座間味7番崎というポイントへ移動、海面を見ても潮流が激しいので、多少潮流の少ない所からエントリー。

ここでの演習は、バディー・ブリージングと安全停止、緊急減圧、(シグナルフロートを使っての浮上)

※Ryuのワンポイント、潜水はゆっくりと、深い呼吸を(ゆっくり)を忘れずに。

エントリーして直ぐに、パニックになりそうになった。それは、潮流である。

流れの速さに、中性浮力が保てない。呼吸が荒くなる。

海底での恐怖が更に呼吸を荒くする。

鼻から空気を吸えないストレスと、空気を吸い込む回数が増えることで、喉が渇くストレスが、パニック状態を引き起こす。

この時Ryuのワンポイントを思い出す。一度落ち着いて深い呼吸をしてみる。

すると、今の状況を判断してみることができた。

空気が無くなった訳ではないし、潮流に流されて一人になった訳でもない。

自分を取り戻すことができた。

あっという間に、30分近くが過ぎた。

いよいよ、浮上の時がきた。

シグナルフロートを使って、の浮上割と旨くできた。

Img_1461

今日の3本目は遊びで潜水。2本目のパニックが嘘のように潜水できたのがうれしかった。

途中鮫との遭遇、もあり周りを見る余裕ができた。

Img_1472 Img_1457

ホテルヘ戻って、講習とテスト。

食事は沖縄創作料理「じょう」で舌鼓

012

002

・・

003

001

005

006

昼間は綺麗な海に潜って、夜は旨い物食って。

贅沢、贅沢・・・・・。島ラッキョが旨い!!

つづく

|

« 「オープン・ウオーターへの道2」 | トップページ | 「オープン・ウオーターへの道4」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オープン・ウオーターへの道2」 | トップページ | 「オープン・ウオーターへの道4」 »