« 2008年8月15日 | トップページ | 2008年8月19日 »

2008年8月16日

2008年8月16日 (土)

「明日から箕面市は選挙戦」

明日から、箕面市長、市議会のダブル選挙が始まる。

市長候補3名、市議会候補32名が熱い選挙戦を行う。

地元の「稲野一三 いなの かずみ」市議会候補と「倉田哲郎 くらた てつろ」う」市長候補両氏の応援する一週間が始まる。

箕面市の現状は他市と同様に決して良くないが、4年前までは200億円の蓄財が、現在100億円に減少している、現市長になってからである。

100億円は他市に比べ蓄財がある方である、お隣の豊中市では900万円しか残っていないらしい。

大阪府の財政難は各市にも影響してくることを考えれば、油断はできない。

そんな箕面市の財政を立て直しをしておかなければ、4年後には蓄財も底を突いてしまう。

市長候補の「倉田哲郎氏」とはhttp://kurata.tv/

  • 1974年6月7日、静岡県清水市に生まれる。現在、34歳。
  • 1997年、東京大学法学部を卒業し、郵政省に入省。2001年から総務省。
  • 2003年から箕面市役所に勤務し、“改革”と“政策”を担当。
  • 箕面市役所では、「箕面市集中改革プラン」策定、「行政評価・改革推進委員会」発足など “変化の波”をおこす一方、「子ども部」「地域振興部」の創設や、市民を中心とした“総合窓口”の実現など、“新時代の安定”に向けた基軸をつくる。
  • 2006年総務省に戻るも、馴れ親しんだ箕面の地と、地方自治の仕事を志し、2008年3月退職。
  • 趣味・特技は、日本泳法(流派:水府流太田派)。日本水泳連盟主催の全国大会では団体戦優勝。
  • 家族は、箕面で出会った妻と、2007年9月に箕面で生まれた息子の3人。

若い候補者であるが、経歴と経験では誰にも負けない。

がんばれ倉田哲郎!!

市議会議員候補の「稲野一三氏」とは、地元の北口和平議員の後を引き継ぐ、候補である。

地元のことをよく知り、地元に精通した政治が期待される。

がんばれ稲野一三!!

自民党推薦、公認が稲野一三氏をはじめ合計7名が選挙戦を戦うことになる。もちろん倉田哲郎市長候補も自民・民主・公明の推薦を受けて出馬する。http://www.osaka-jimin.jp/senkyo/kokuji/0808_minoh.html

| | コメント (0)

« 2008年8月15日 | トップページ | 2008年8月19日 »