« 2008年8月13日 | トップページ | 2008年8月15日 »

2008年8月14日

2008年8月14日 (木)

「オープン・ウオーターへの道4」

<3日目>

1本目ポイントは渡嘉敷野崎

今日の演習は海中でのコンパス・ナビゲーション。

ラバーライン:頭の中で0°から180°のマークへ想像上の線を引き、進行方向へ、ラバーラインを引きます。

たとえばコンパスが進行方向を360°になっていれば、帰ってくるときは180°の方向を進行方向にすれば、元の位置に戻れます。

はじめは陸上で練習してから、海中で行います。

※Ryuのワンポイント、コンパスを進行方向に向かって目の高さのまま進行すること。

早速エントリーして、演習です。

今日のお題は、210°の方向へ20キックして泳ぎ、180°マイナスし、ラバーラインを想像し、元の位置にもどります。

つまり、210°の方向20キックしてへ行って、30°の方向へ20キックで、元の位置に戻ることができます。

いざトライ!210°の方向20キックして停止、30°の方向をコンパスで目線に置きラバーラインを引き、20キックすると、Ryuの姿が目の前に、戻ることができました。

Img_1473 戻って来たときのワンショット

浮上は緊急浮上で、海面を見上げて、片手をあげて「う~」っと息を吐きながら浮上します。

1本目終了。

今日の昼食は「そうめん・おにぎり」Ryuの手作りは、やくみが沢山入っていて、旨い、周りのダイバー達も羨ましそう。

2本目)

2本目のポイントは座間味トウマ2、ここでの演習は海面付近でのBCDの脱着、ウエイトベルト脱着です。

BCDの脱着に多少時間がかかた。右腕を通すのが旨く行かなかった。

28分間の潜水の後浮上。

これで、すべての演習が終了しました。

この日の3本目と、翌日のダイブは、復習を兼ねたダイブでかなり余裕ができました。

Img_1515

Img_1517

Img_1519

この投稿で忘れていることもあり、総べを忠実に投稿できたとは言えないが、出来る限りの記憶で書いてみました。

たまたま、沖縄の綺麗な海と、素晴らしいインストラクター「成田隆一先生(Ryu)」との出会いにも恵まれていた。Moana Lani(モアラニ・スキュバーダイビング)http://moanalani.com/

沖縄の海を知り尽くし、生き物を大切にする、本物のプロダイバーです。

命を大切にするRyuは、1日に1組しか指導しません。

そんな気持ちが珊瑚礁の植え付けのボランティアをさせるのでしょう。

色んな事を教わりました。

この数日間で、ダイビングをすることが、自分の日常の人生にも値する行為であることに気づいた。

人間が一番大事なものは命、その一番大事な命を預けるには、互いに信頼感がなければできない。

ダイビングは、スポーツであれ、遊びであれ命がけのなのである。

基本と、ルールを守ることが、命をまもる。

パニックに落ちってときに、冷静になることの大切さも人生に通じるものがある。

一番大事なことはダイビングも人生もパートナーが、支え合っていると言うこてである。

晴れて、「オープンウォーター」のライセンスが取ることができましたが、これはあくまでもタイトルであって、何の役にも立ちませんが、この資格にある基本的なスキルを、これから生かして、行かなければ意味がありません。

今回の目的は「珊瑚礁」の植え付けです。

この投稿を読まれて、興味のある方は、一度沖縄へ行ってみては。

Ryu最後の日の講演も付き合って頂き、空港までの見送りまでして頂いて本当にありがとうございました。

Img_1499

see you soon!

おわり

| | コメント (0)

« 2008年8月13日 | トップページ | 2008年8月15日 »