« 「自衛隊協力会」 | トップページ | 「平穏な一日でした」 »

2008年6月 9日 (月)

「悲惨な事件」

白昼大都会で起こった通魔殺人。

大阪の池田付属小学校の児童殺傷事件から7年目の同日8日に悲劇が起こった。

歩行者天国は一瞬にして地獄となった。

7人が死亡、10人が重軽傷負った事件で、インターネットの掲示板に、犯行予告するとも受けと取れる書き込みまであったそうだ。

25歳の男がトラックで通行人をはねたあと、ナイフで歩行者を次々と殺傷した。

安全で平和な日本が、治安国家が過去のものとなって行くのか。

この犯人は人間としての倫理や道徳感は、脳内にインプットされないまま成人を向かえてしまっている。

学歴があっても頭が良くても、「心」の教育が無くなってしまっている。

今回の事件で、お亡くなりになられた方や、ご家族の心中を考えると腹立たしい。この事件は日本の将来を危ぶむ警鐘である。

この事件でうろたえる大人達がいる。

自分たちの責任ではないと、責任逃れをしようとする人達がいる。

今後このような悲惨な事件を起こさせないと言う、しっかりとした「おとな」が必要であり、もっと幼年期から、真の大人が子ども達に、「心」を教え、「命」の大切さ教える教育が必要である。

亡くなられた方のご冥福を祈ります。

|

« 「自衛隊協力会」 | トップページ | 「平穏な一日でした」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「自衛隊協力会」 | トップページ | 「平穏な一日でした」 »