« 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月3日 »

2008年6月2日

2008年6月 2日 (月)

「建築費の高騰」

景気は良くないのに、インフレになる。嫌なインフレ状態が「コストプッシュ・インフレとスタグフレーション 」

ガソリン価格が上昇する前には、GSに列ができる。

国民を振り回しているだけの政治が続いているようで、景況感は悪化する一方である。

近年にない、原材料の高騰で、建築費が異常に上がっている。

「デマンドプル・インフレ」(景気が良くてインフレになること)であれば良いが、昨年の改正建築基準法施行以降、建築業界に打撃を与えた上に、建築費の高騰では、建築業界の倒産を助長しているようなものである。

こんな時に、善悪が浮き彫りになる。嫌なインフレに拍車をかける、便乗値上げ。

仕方なく値上げを迫られるケースと、そうでないケースが出てくる。

サブプライム問題以降、この様な景況感が続いている。

世界経済がグローバルになった現代の、最悪のパターンである。

2009年まではこの状態が続きそうである。

だからと言って、指をくわえて見ている訳にはいかない。

こんな時に新しい、名案を絞り出さなければならない。

ピンチの裏には、きっとチャンスがあるはずである。(善のチャンス)

| | コメント (0)

« 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月3日 »