« 2008年3月28日 | トップページ | 2008年3月31日 »

2008年3月30日

2008年3月30日 (日)

「雨のち晴れ」

今日は花冷えのする雨の一日となった。桜の時期になるとよく雨が降る。

4月はセミナーが多いので、資料作りに追われる。結構時間のかかる作業である。

歌手のように、ヒット曲一つで年度も歌えるが、時事に合わせたセミナーとなるとそうはいかない。

これもこれもと、伝えることことが多くなると、パワーポインターの頁数が増える。

大体1時間か1時間半のセミナーだが、内容に拘ってしまうと深く掘り下げぎみになる。

ところで、国会はどうなって行くのか?雨後晴れになるのか?

[東京 29日 ロイター] 福田康夫首相は29日、内閣記者会のインタビューに応じ、4月中の内閣改造の可能性について「国会中であり、予算関連法案が通っていないなかで、改造の話は全く考えられない。外交日程もある」と述べ、早期の内閣改造を否定した。

 早期衆院解散・総選挙についても、経済が踊り場の状況にあることや社会保障などで将来の青写真を示す必要があることなどを挙げ、否定した。

「経済が踊り場の状況にある」この言葉は数年連続して聞く言葉である。

道路特定財源を一般財源化すれば、必ず地方経済には良くない状況が現れる。

4月29日の再議決までの間、地方税収が600億円減収となり、国全体では数千百億円減収となる。

与党に反対意見をするのも良いが、野党の方々ももっと議論してから、代替案を提示してもらわないと、国民が混乱するだけ。

4月1日ガソリンが25円値下げになり、4月末には値上げになる。国民が楽しみにしている「Gウイーク」前に値上げになれば、「オイルショック」時並にガソリンスタンドに行列ができてしまい、パニックなる。

しかし、ねじれ国会は参議院で選択した結果なのである。

| | コメント (0)

« 2008年3月28日 | トップページ | 2008年3月31日 »