« 「IREM JAPAN関西支部セミナー」 | トップページ | 「大阪の不動産状況」 »

2008年2月24日 (日)

「雪が解けて気づくこと」

箕面市は昨夜から降り続けた雪で、今朝も雪景色のでした。

セミナーが続いていたので、今朝は早起きしてラグビーへと思ったのですが、この雪ではラグビーの練習も中止。

081 085

084

先週城之崎へ行った時も吹雪でしたが、道路も除雪され、街の人達は当たり前の日常生活を送っていました。

大阪府下で、一度雪が積もればパニックに近いものがあります。同じ近畿地方でも、これだけの違いがあるのですね。

生活習慣と環境への適応が違うのですね。

先日サブプライローン問題を再三投稿しましたが、アメリカが景気が良かった時期は、ちょうどこの雪のように、誰もが綺麗だと、眺めていたのでしょう。(不動産価格の上昇を)

雪は積もった時には、汚いものや、綺麗なものまで、真っ白に包み込んでくれます。

それが、目に鮮やかに写るのですが、一度雪解けとなると、ホコリや泥が雪に混ざり、灰色の景色を創り、そして泥水となり流れてしまう。

流れなかったホコリや泥は更に洗い流さないと綺麗にならない。

雪は地球環境の両極端を見せてくれます。

真っ白に覆い尽くされている間は誰もが、雪解けの灰色の景色を想像しません。

しかし、雪が解け出して初めてそれに気づくのですね・・・・・。

|

« 「IREM JAPAN関西支部セミナー」 | トップページ | 「大阪の不動産状況」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「IREM JAPAN関西支部セミナー」 | トップページ | 「大阪の不動産状況」 »