« 2008年2月15日 | トップページ | 2008年2月18日 »

2008年2月16日

2008年2月16日 (土)

「サブプライム=負債=アメリカ」

サブPの新聞紙上の取扱(毎日※重要)は尽きない。

しかし、活字では盛んにサブPを取り上げているが、同じマスメディアであるTVはあまり取り上げない。

今は、中国野菜=農薬である。

衆議院の政権交代も何処吹く風状態・・・・・

年金問題も・・・・・視聴者が飽きるころには話題が減少している。

今、大切なことが何処にあるのか問いかけもなく、スクープに躍起である。

サブPはTVで表現するには、時間がかかり、ほんの一瞬の画面にインパクトの強い話題だけをスクープのごとく扱う。

ある若手の歌手が、「失言したことが」話題になり、新聞よりTV、そして「嘘」ばかりの週刊誌が売れる。

「他人の不幸は蜜の味」とばかりに・・・・

悲しい時代である。

子供もそれを見て、些細なことで、他人を批判する(いじめ)

幼いころ、自分にもそんな中傷があったことがあるが、母がよく言っていた。

「噂や他人の言葉で自分の人生決まるのか?」「家が貧乏やからって、誰かに迷惑かけたんか?」

「筋の通らんこと、いちいち気にしてたら生きて行かれへんわ」

「それよりお前は、文句言う奴が飯食わしてくれへんねんから」「お前が真っ当やったら、言い訳せんでも何時か、誰かが分かってくれる」

・・・・・=子供の時の母の言葉である。

今の世の中見渡すと・・・言い訳と、責任のなすり合い。(サブP=負債=アメリカ)

そんな、母の言葉を改めて真摯に受け、このブログの重要性を自負し、伝えて行きたい。

このブログで希望と勇気を取り戻したと言って頂いた。X氏の為に。

| | コメント (0)

« 2008年2月15日 | トップページ | 2008年2月18日 »