« 「アメリカCPM&CCIMカンファレンス」最新情報 | トップページ | 「ミリキタニの猫」 »

2007年10月23日 (火)

「アメリカCPM&CCIMカンファレンス」最新情報

P1020369ss66 今朝、アメリカから帰ってきた、岡山の

江藤CPMから電話があった。http://www.artplanning.com/blog/index.html

電話口の江藤CPMは、アメリカでのカルチャーショックを私に伝えようと、かなり興奮ぎみに語っていた。

去年は江藤CPMと一緒にアメリカに行ったが、今年は私が行けなかったので逸早くアメリカで認識したことを伝えようとして電話をくれたのである。

日本の不動産業は、アメリカと比べて何十年も遅れている。

先進国の仲間入りしているように思えるが、不動産に関しては全くの後進国である。

不動産に対する法整備が全く異なるのである。

アメリカのサブプライ問題は別として、政府の政策が不動産の流動性に対して前向きである。

不動産に纏わる税金にしてもかなり違うのである。

世界経済がグローバル化して行く中で、不動産業界ももっとグローバルでなければならないのに、日本の不動産業界の考え方はそうでない。

世界は後進国であるアジアの不動産市場を狙っていることに気が付いていない。等々・・・・

電話口で1時間余り語ってくれた。確かにその通りである。

最後に「日本の不動産の夜明けを、二人でやりませんか?」と話は大きくなっていった。

来月の勉強会で度会うときの話が楽しみである。

|

« 「アメリカCPM&CCIMカンファレンス」最新情報 | トップページ | 「ミリキタニの猫」 »

IREM JAPAN CPM®」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アメリカCPM&CCIMカンファレンス」最新情報 | トップページ | 「ミリキタニの猫」 »