« 「賃貸住宅フェア」無事終了 | トップページ | 「箕面ラグビースクール」 »

2007年9月17日 (月)

「敬老の日」

今日は敬老の日、一昨日、母が入院した。老人になって行く両親を見て、何時かこんな時が来ることを予測していたが、たいした親孝行もしていない。

やっと幸せな生活を送ることができると思ったのに、突然の父の病気、そして長期に渡る看病。

13人兄弟の末っ子で、幼いころから苦労してきた母である。

四国は香川県で生まれ、ろくに尋常小学校も出ないで、大阪へ来たのが18歳の頃だ、それまでは紡績工場(淡路島)で働いていたこともあるらしい。

大家族で貧しい生活をしていたと言えども、13人の末っ子であるから、多少我がままもあったみたいだ。

大阪市の平野区でお手伝いさんをしていたことがあるらしい。その時の話を最近聞いたことがある。

思い出に残っていたのだろう。

ある日その家の奥さんが、「芝居を見ておいで」と小遣いを貰って見に行ったときの話である。

たわいのない話だが、嬉しかったようである。今も芝居や演歌の舞台が好きなのはその時の「カルチャーショック」が残っているのだろう。

何度か芝居や演歌歌手のチケットを買ってやったことがある。

15年前までは西成区の天下茶屋に住んでいた。私はそこで生まれ育った。

箕面市で何とか仕事が順調になった時に、両親に中古の家を買って箕面に呼んだ。これからは、今まで苦労した分、空気の良い、箕面市で余生を送るはずだった。

父が倒れるまでは、私が管理するマンションの清掃を両親にして貰っていた。父が倒れてからは、母が会社で社員の昼食の賄いをして貰っていた。(お袋の味である)

良く働く母である。

敬老の日、何ができたのか、自分に問い正す日であった。

|

« 「賃貸住宅フェア」無事終了 | トップページ | 「箕面ラグビースクール」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「賃貸住宅フェア」無事終了 | トップページ | 「箕面ラグビースクール」 »