« 2007年9月21日 | トップページ | 2007年9月23日 »

2007年9月22日

2007年9月22日 (土)

「やっとの思い」

今朝、父の入院希望の病院から電話があった。父が入院できると言う返事を貰った。

一先ず安心。

患者本人も大変だが、周りの家族が参ってしまう。よくも母はこんな大変な看病を、自分の寿命をすり減らしてしていたと思えば、すまない気持ちになる。

誰もが経験しなければならない「老」。何時かはこんな時がくると覚悟していたが、74歳ではまだ若すぎる。

高齢化社会に突入した現代の医療制度に直面してみて、思うことは、このままではいけない。

きっと私以外に、もっと困っている人がいるに違いない。福祉の問題にしても同じである。

私自身、家族が病気になって直面したことだが、そんなことが無ければ、気にもかけないのい現実が悲しい。

先日仙台へ行ったとき、「永井康博さん」が代表の「みやぎ情報ネット(NPO)」の「タウンモビリティー」のことを思い出す。

永井さんは身体障害者で、NPO設立には障害者本人でないと設立できないらしい。永井さんは自分よりもっと困っている人のために、この組織を立ち上げた。

今では、街の商店街振興組合が支援している。タウンモビリティーは誰かが啓発活動しないと、現実にはならない。

医療に関しても「尾道方式」があるように聞く、患者・家族・ドクター・ヘルパー・役所・ボランティアが組織立って、老人や病人を守る。

日本が長屋だった時代は、隣近所が助け合うことは平然と行われていたはずだが、今はそうではない。

国の制度や、法律は簡単には変えれないが、自分たちの住む地域くらいは地域の人達で助け合いして行かなければならない。

話は反れてしまったが、今回両親の入院に多数の人達の手を経て、入院にこぎ着けた。お世話になった方には恐縮するが、お願いしないとできない、様々な手続きをしないとできない、役所の確認がないとできない。

「できない、できない 」づくしの医療、やっとの思いでできる入院、これからが大変であある。

以前にも本稿で書いたが、私の家族は恵まれている方である。しかし、私が経験したことが、老夫婦だけであれば、自分たちでこんな複雑な医療体制を理解して対応できる訳がない。心配である。

お金があれば何とかなることでもない。お金が無ければもっと困るが、医者不足で無医村の地域が増えている。(医療制度の改革で病院が経営不振で潰れれる)

私も、やがて老いて行く、何か行動に移さなければならない時が来ているのか?

| | コメント (2)

« 2007年9月21日 | トップページ | 2007年9月23日 »