« 2007年8月21日 | トップページ | 2007年8月23日 »

2007年8月22日

2007年8月22日 (水)

「総量規制」貸金業法

金融庁は利用者一人が借りられる金額に上限を設ける貸金業法の「総量規制」を事実上前倒しし、今年年末から実施する。同法の完全施行は2009年中をメドとしていたが、利用者の返済能力を超える過剰な貸し付けに早い段階から歯止めをかける。

年内に発足予定の貸金業者の業界団体も自主規制ルールに総量規制の前倒しを盛り込む方針で、多重債務者を減らすため官民が共同歩調をとる。(日経8.22朝刊より)

不動産売買で銀行からローンを借りる時に、信用調査がされる。借り主の返済能力(収入)や借金の履歴を調べるのである。

結構よくあるのが、家族に内緒で借りているカードローンなど引っ掛かる。銀行はこれがあると融資しない。

そんな時、相談に乗るのが私の仕事である。中には真面目に何年も高い金利を払い続けているケースがよくある。(年29.2%の消費者金融)

殆どは金利の減額請求を行ってしまえば、チャラになるケース多いが、中には多重債務になっていることもある。そうなると銀行融資を断念するか、全額返済してきれいな状態にしなと銀行融資はダメ。

消費者金融と銀行の区別ができず、簡単に借りられる、消費者ローン手を出す若者が多い。(一般にも多い)

以前投稿で、サブプライローンに触れたが正にこれに似ている。

でもこの総量規制も、もっと早くするべきであったように思われるが?・・・・

| | コメント (0)

« 2007年8月21日 | トップページ | 2007年8月23日 »