« 2007年5月28日 | トップページ | 2007年5月30日 »

2007年5月29日

2007年5月29日 (火)

「不動産価格上昇」

昨日あるオーナーと土地の売買について相談があった。

オーナーが所有する土地を高額で買いにきた客がいたらしい。その時は売却の予定がなかったので、あっさり断ったらしいが。

私が査定した価格と坪単価が30万円もの開きがあったそうだ。どう考えてもその価格はおかしいが、その買主はどうしてもその物件が欲しかったようで高額な金額を提示したのでしょう。

その価格がオーナーの標準価格になってしまっているのである。

価値観が相場を変えてしまう恐ろしい事例である。

今は売却する事情ができたので、何とかその高額価格で売却するように言われたが、たとえエンドユーザーでもそのような高額な価格で売れる場所ではない。

相場の具体的な価格説明をしたが納得して貰えなかった。

最近聞いた話だが、競売で落札する価格が異常上がっているそうだ、中古の分譲マンションが一般で売り出されている価格より落札額が上回って落とされて事例があるそうだ。

プロの目からは間違っている思うのだが、何かおかしい感覚が麻痺し始めているか?

以前のバブルとは違った不動産の動きが多いが、もう15年前のバブルを世間では忘れているのでしょうか?

経済の流れには波があり、山があれば谷もあることを知らないと結果損をしてしまう。

| | コメント (0)

« 2007年5月28日 | トップページ | 2007年5月30日 »