« 「桜」咲き方に格差あり | トップページ | 「東海道自然歩道連絡協会」 »

2007年4月 7日 (土)

「LLP法」

LLP法=有限責任事業組合契約に関する法律

Llpimg5b25dthumbCPMの研究グループとLLP法につて会社法の専門家の司法書士を交えて研修会を行いました。

LLP(Limited Liability Partnership)

有限責任事業組合契約に関する法律(ゆうげんせきにんじぎょうくみあいけいやくにかんするほうりつ)は、平成17年(2005年)に成立した法律。共同で営利を目的とする事業を営むための組合契約であって、組合員の責任の限度を出資の価額とするものに関する制度を確立することにより、個人又は法人が共同して行う事業の健全な発展を図り、もって我が国の経済活力の向上に資することを目的とする。

新法は堀江事件や村上ファンド事件に慎重で、みなし証券発行の際には弟2種金融商品取引業者の登録を要するなど、行政の念押しの法案議決が伺われます。

|

« 「桜」咲き方に格差あり | トップページ | 「東海道自然歩道連絡協会」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「桜」咲き方に格差あり | トップページ | 「東海道自然歩道連絡協会」 »