« 「炭火焼き肉」 | トップページ | 「更新料訴訟」 »

2007年4月26日 (木)

「北支部・都島支部統合」

社団法人大阪府宅地建物取引業協会では平成20年を目標に39支部から16支部へ統廃合しています。

今日は大阪市の中心部北区の北支部と都島区の都島支部が統合記念祝賀会が開催され、パーティーに出席してきました。(統合の模範になる支部です)

私の所属する箕面市支部も平成20年に豊中市支部・池田市支部と統合が決まっています。

組織改革は時代が大きく変化する時期です。世間では市町村の合併が盛んに行われている最中の支部統合には様々な革質や議論が伴います。

総論はOK各論は反対などと、とかく話が纏(まとま)らないのがご時勢。

とは言うものの、纏めて行かなければなりません。統合に合意したこれからが大変なのです。

物事は蟻の目で見ては問題が多大です。鳥の目で見ないと(上空から)旨く纏らない。上田義朗教授の言葉です。

表現をかえれば、「枝を見て、森を見ない」ではこまります。とかく人は自分の損得で枝だけを見てしまいがちです。

さてさて、これから先どれだけの人が損得を別にして「鳥の目で森を見る」ことができるのでしょう。

目標・概念・結論へと導く方法論を模索しなければいけません。

さーぁ、これから忙しくなりそうです。

|

« 「炭火焼き肉」 | トップページ | 「更新料訴訟」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「炭火焼き肉」 | トップページ | 「更新料訴訟」 »