« 整理整頓 | トップページ | 忘年会 »

2006年12月11日 (月)

ささゆり園

Dscf0044_2_2 昨日「ささゆり園クリスマス会」

Dscf0049_1_2箕面に 「障害者福祉センターささゆり園 」があります。

「心身に障害のあるかたやその保護者・ボランティアを対象に、生花、茶道、料理、体操、七宝焼などの各種教室や、ボランティア育成のための手話、点訳、音訳講座などを行っています。また、サークル活動や研修会、講演会などにも利用できます。視力に障害のあるかたのための点訳本、音訳本などの図書貸出を行っています。」(箕面市HPより)http://www.city.minoh.osaka.jp/SISETUANNAI/S01/sasayuri.htm

今会は、箕面船場ライオンズクラブの会長として出席しました。前回訪問したときは、ライオンズクラブの幹事で5年ほど前になります。

前回の時も餅つきをさせて頂きました。前回の時より体力が衰えているせいか、一臼つくのが限界でした。

子供達にも交代で餅つきをしてもらい、喜ぶ姿でみていると、こちらまで嬉しくなります。

話しは変わりますが、園長の話しでは介護医療費の自己負担金が増加になりこれからのことが不安であるとのことでした。

国の抱える負債のしわ寄せです。

来年の秋以降参議院選が終われば、増税による国家予算が予想されています。

景気は上向きと言われますが、大企業だけが良いのであって、一般サラーマンの生活には大きな変化がないのが現実です。

障害者福祉センターささゆり園 」通う父母の負担は重くのし掛かります。

たいていの父母は共働きができないのが現実です。母親が傷害を持つ子供さんの世話をしなければなりません。

ささゆり園に通う方は、本当に困っています。

方や年金を掛けなくても生活保護を受けて、月に14万円も支給されているのです。(虚偽の申告者を指しての事です)

福祉の政策を抜本的に見直さないといけない時代では無いでしょうか。

|

« 整理整頓 | トップページ | 忘年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 整理整頓 | トップページ | 忘年会 »