« 第2回街づくり工房「勉強会のお知らせ」 | トップページ | 「量的緩和政策解除」 »

2006年2月12日 (日)

「財務省」

「財務省」zaimusyou

2月3日

2日に「CPM」総会の後、翌日、前もって約束していた、大阪選挙区9区から選出の「西田猛 代議士」に「CPM」メンバー2人と一緒にお会いしました。代議士は「財務大臣政務官」にご就任されて、7ヶ月になります。国会中でしたが、たまたま午前中に時間が空いた時に「財務省の政務官室」でお会いすることができました。

財務省は、旧大蔵省で2001年省庁再編で現在の財務省改めました。同じ建物には、国税庁もあり、合わせて1600人の職員の方がこの建物内に勤務しています。

国家のお金の流れが、ここで集約されている。政務官室には証券会社のように電光掲示板で世界中のお金のレートが、リアルタイムで分かるようにしてあり、職員の方は、24時間体制で、世界の金融情勢を掌握しています。今は「保険・証券」は内閣庁に移動しています。

財務大臣政務官とは?

まず「財務大臣」総理大臣の指名で1名現在は「谷垣禎一代議士」次ぎに、「財務副大臣」2名指名「赤羽一嘉代議士・竹本直一代議士」次ぎに「財務大臣政務官」2名指名「野上浩太郎代議士」と西田猛代議士。そして「政務次官」という職があり、それは国家公務員から採用するのです。

どんな役割か?

・国の予算作り・税金の仕組みの企画立案・税金の徴収・関係機関へのお金の貸し付け・国の財産管理・国際通貨システムの安定・貿易品の税金と密輸入の取り締まり等を行っています。

CIMG0395-2

|

« 第2回街づくり工房「勉強会のお知らせ」 | トップページ | 「量的緩和政策解除」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回街づくり工房「勉強会のお知らせ」 | トップページ | 「量的緩和政策解除」 »